2009年10月20日

ラオスのビエンチャンに電気自動車

先日、ラオスのビエンチャンへ行って、
タイ観光ビザのダブルをゲットしてきた。

ビエンチャン情報なんてのは、
多くのブログで書き尽くされてるだろうから、
あまり他人が書いてないと思われるネタにしてみる。

laos_EV.JPG

写真は、タラートサオ バスターミナルに停めてあった、
タラートサオ〜ドンドーク間(約3km)を往復する電気自動車。

EVと言っても、
ゴルフ場や遊園地のカートみたいなもの。

電動カートそのもので、音は静か。

1500キープ(=約6バーツ)と安いから、
ちょっと乗ってみようかと思ったけど、
ウドンター二ー行きバスに遅れるとバカらしいからやめた。

ちなみにタラートサオ(朝市)バスターミナルは、
ビエンチャンの交通の要衝である。

バンコクでも、大通りから離れた場所のサービスアパートは
こういった乗用カートのシャトル便を運行しているけど、
ラオスでは首都の公道、しかも幹線道路を、
大衆の足として走っているから珍しいね。

ちなみに日の丸のステッカーは貼ってなかった。

ラオスも森林資源を売って潤いはじめたのか?
それとも、
森林資源を狙った中国の援助によるものか?
中国の国旗ステッカーも貼ってなかったけどね。

ラオスに数日間滞在する人は、
試しに乗ってみては如何でしょうか?




ラベル:ビエンチャン
posted by フーフー岡村 at 01:00| Comment(0) | ラオス旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。