2010年09月04日

バンコクインターネット事情と注意点

バンコクで久しぶりにネットカフェに入った。
(厳密には”ネットカフェ”でなく”ネット屋”だが)

PDFファイルをプリントアウトし、
記入して郵送しなければならなかったからだ。

HP上からダウンロードして印刷できるが、
一旦 フラッシュメモリーに落とした物を持って行った。

ちなみにプリントアウトは10バーツだった。


その数日後、フラッシュメモリーをパソコンに挿すと、
ウィルスを検知して即 削除したが、これは想定の範囲内。

フラッシュメモリーからウイルスを貰う事は多いのだ。

で、念の為にフラッシュメモリーをウィルスチェックしたら、
ウィルスが7件処理された。

1.GIF

EmailWorm とある。

念の為に他の画面で見ると、最初の検知は Riskware とある。
危険かもしれないソフトという意味だろうね。

次のフラッシュメモリーの検査では Trojan つまり「トロイの木馬」だ。

俺も詳しくは知らないが、Autorun という事は、
自動的に起動してEメール関連の悪さをするウィルスだね。

5.GIF

で、こういう事はフラッシュメモリーに限らず、
知らぬ間にインターネット経由で貰う事も多い。

例えば去年、バンコクの某カフェでフリーWiFiでネットしてたら、
突然、ウイルス対策ソフトが「ウィルスを処理した」と表示。

見るとそれもトロイの木馬だったが、状況から、
そのカフェのWifiからウィルスを送り付けられたとしか考えられない。

喫茶店がウィルスを送ってくるとは考えにくいから、
同じWiFiを利用している誰かが送ってきたに違いないが、
この時は流石にWifiの恐ろしさを知った。

因みに、
2006年までは俺もウィルス対策ソフトを入れてなかったが、
公式サイトを作ったのに合わせて導入したのが最初で、
当初は欧米系のをパンチッププラザで100バーツで買った。

しかし、すぐに使えなくなったし、それ以前に重いし、
本当にウィルス検知しているのか不安だった。

使えなくなったのは期限が到来したからだが、
新しい物を買うか、更新型の物でも更新料を払わないとダメだ。

いまだに「4400円で更新できます」なんてメールが来るが、
毎年4000円も払うのはバカらしい。

そんな時に友人が教えてくれたのが
ソースネクストのウイルスセキュリティZEROで、
元が安いうえに更新料不要でずっと使えるのだと教えてくれた。

奴も他社のを使っていたが、
他社のはウイルスの検知率が低く、
感染した事が分かっているのに駆除できなかったらしい。
(エロサイトばかり見ているからだと思われる (*`艸´)ウシシシ

で、ウイルスセキュリティZEROを試しに使ったら、
アッという間に全部駆除したと言っていた。

しかし俺も最初は半信半疑で、
「ソースネクストの株を買ってんのかもな〜
 それでしきりに俺に勧めてるのかも・・・?」

なんて最初は勘繰ったが、
親のパソコンが感染したのをキッカケに俺も使ってみた。
(3台分のタイプ。親・俺・弟で分けて使っている)

で、試しに親のパソコンでエロいサイトを見ると わーい(嬉しい顔)
早速ウィルスを検知したので以来、安心して使っている。
元々が安いうえに更新料不要なのでオススメだ。


他にも、俺はブログを書いているので
意味不明なコメントが来る事が多い。

そういうコメントに記載されたURLの先は
殆どがウイルスが仕込まれているHPなので俺は見ないが、
暇潰しに一度見ると案の定、ウィルスが仕込まれていた。

”無料で日本のテレビを観る事ができるサイト”
なんて紹介したコメントだったが、URLの最後が
「\\××××.cn」という所からして胡散臭い。
(最後の cn は、中国のこと)

FIREFOXの狐のデザインをパクったアイコンをクリックすると
ウィルスに感染するようになっているものだった。

この時もウイルスセキュリティZEROが即、削除してくれたが
これだけウィルスが蔓延しているというのは
ネットを使った投資で生活している我々には脅威だ。

証券会社や銀行、クレジットカードの暗証番号などが盗まれたら終わりだからね〜
(金を盗まれなくても、パスワードを勝手に変更されるとお手上げだ)

そんなワケで、俺だけでも
今までに5〜6回は助けられている。


ちなみに俺にソースネクストを勧めた友人も、
セントラルワールド内のDTACのオフィスで
パソコンの設定をしてもらっている時に貰っている。

GPRSモデムをパンティッププラザで買ったが、
説明書が添付されてないので設定方法が分からず、
DTACの支店で全部やってもらった時の事だ。

モデムを製造した会社のHPを探し、
そこからドライバーをフラッシュメモリーにダウンロードし、
それを奴のパソコンに挿した後、ヘンなウィルスに感染。
(即処理したらしいが。killgodzillaとか何とかいうウイルス)

モデムの会社のHPに仕込まれていたのか、
それともDTACの支店で使っているフラッシュメモリーが
元々ウイルスに感染していたのかは分からないが、
ウイルスはどこからでもやって来るという格好の例だ。

ま、そんなワケだから、
特にWiFiでインターネットしている人は
ウイルス対策ソフトの導入はやっておく方がいいよ〜ん!

尚、プリントアウトしたPDFは全項目に記入して、
昨日トンローの郵便局から香港に郵送した。
(ちゃんと届くかな?経験上、送るのは問題ないんだけどね)

エアメール(封書)で19バーツだったから、
上がったとは言え、バンコクの物価はまだ安いね〜晴れ




posted by フーフー岡村 at 02:00| Comment(3) | バンコク生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。