2010年10月30日

バンコク観光に来た「伝説級の技術者」たち

バンコクのスクンビット通りを歩いていると、
ソイから大通りに向けて赤いバスが突っ込んで来た。

撥ね飛ばされたワケではないが、けっこう挑戦的な運転手だ。

タイの常識では危険運転ではないかもしれないが、
あれが日本だったら、そして俺がクレーマーだったら、
バス会社に抗議の電話が入るレベルと思う。
(ヨソ見してたとか、一瞬居眠りしたのかもしれないが)

ま、俺は不死身だからあまり気にしないが わーい(嬉しい顔)
一応、横目でチラリ見るとJTBのバスだった。

で、正面には「ETRIP GURU」と印刷された紙が貼ってあった。

イートリップ・グル・・・?

いい旅行・・・グル?

グル高橋?
麻原尊師?
グーグル?

宗教団体がワットプラケオへお参り?
グーグルジャパンの社員旅行?
なワケないな・・・

ま、何でもいいか・・・


と思って通り過ぎたが、
しばらくすると、そのバスがスクムビットの路上で停車した。

まだ交通量が多い時間に、ホテル前でもないこんな所で?
と思っていたら、中からインド人が4人降りてきた。

「?」と思って車内の方を見遣ると
車内にも日本人らしき姿は見当たらず、
座っているのはタイ人かインドっぽい色黒の人間ばかりだった。

日本からの観光客が減ったままのタイだが、
JTBの車輌をインド人が使っているのは微妙な気分だ。

嫌だとかそういうのではないが、
それだけ日本人観光客が減っているという事だから
今後のタイに於ける日本人の地位が案じられる。

日本人のプレゼンスが下がると、タイでの日本語の重要性も低くなる。
他にもいろいろ不都合な事が起きてくるような気がする。

たまたまJTBのバスが空いていて、
インド人団体旅行に融通しただけかもしれないし、
個人旅行をする日本人ばかりになって、
JTBのパックツアーを使わないだけかもしれないし、
オプショナルツアーでアチコチのホテルから
アチコチの国の人をピックアップして詰め込んだのかもしれないけどね。

もちろん、
空車のバス車輌を活用するのは償却の観点からも望ましいし、
それが日系ならドンドン使ってやってほしいと思う。

だからその時は、大した理由もなく
何となく寂しい気持ちになっただけだったが・・・


で、メシ食って自宅に戻ってから「グル」の意味を調べると

サンスクリットで「指導者」「教師」「尊敬すべき人物」などを意味する単語。
「導師」「尊師」などとも訳される。
コンピュータ関連の俗語では、「伝説級の技術者」を指す。
(ウィキペディアより)

つまり、
インドのコンピュータ関連企業の慰安旅行か何かだろう。
プログラマーとか、そういう秀才の集団かもしれない。

しかし、バンコクでインド人旅行者の振る舞いを見ていると
とても「伝説級の技術者」とか「尊敬すべき人物」には見えないが・・・わーい(嬉しい顔)
(特にタイ古式マッサージ屋での言動は、耳を塞ぎ目を覆いたくなる事が多い。
 この下車した4人も歩道にツバ吐いたりしてたから同類に見えたからな〜。
 俺はインド人嫌いじゃないし、全てのインド人がそうだとは思わないけどね)


そういえば思い出したけど、この事件の半年ほど前の事。
某日本料理屋にタイ人の年配グループが来ていて、

「今度はどこへ旅行に行く?」

「韓国に行ってみようか?」

「韓国なんて嫌だよ!恐いよ!!」

「日本の方がいいって」

「日本はビザ取れないから無理でしょ?」

「いやいや、簡単だよ。こないだも知り合いが行ってきたとこさ。
 ビザの申請したら、すぐに取れたらしいよ」


「へ〜、そうなの?!じゃ、日本にしよう!決定!!」

「雪を見てみたいわね〜。桜や富士山も見てみたいわ〜ん!」

なんて話をしていた。

タイ人が豊かになっていくのはいい事だし、
日本が外国人観光客を受け入れるようになったのもいい事だと思う。

が、今回のインド人の件と併せて思うのは、
新興国の人達の勢力が増していく、その”裏返し”にというか・・・
何となく、日本人の地位が相対的に下がりつつあるような気がした。

というワケなので、非常事態宣言でタイ旅行を自粛中の人も、
そろそろタイ旅行に来て”健全な観光”で金バラまいてね!




ラベル:タイ旅行
posted by フーフー岡村 at 01:00| Comment(6) | バンコク観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

バンコクの雨季には折りたたみ傘

バンコクは現在、雨季だ。

と言っても、激しいスコールはもうほとんど降らなくなった。

最近の俺は、風呂屋とか飲み屋とか、屋内にばかり居るから、
激しいスコールに気付かないだけかもしれないが
 わーい(嬉しい顔)

で、もうそろそろ雨季も終わる頃だと思うが、
いつ終わるかは、なかなかハッキリしない。

日本と同じで、季節の変わり目は強い雨が降るものだが
ズルズルダラダラ、いつの間にか終わってたって事も多い。


先日、出先で雨に降られた。

傘を買おうとコンビニに入ると、
89バーツと199バーツの2種類あった。

(199バーツだと日本より高いが・・・
 高い方が品質もいいんだろうな・・・)


と思い、199バーツの方を買ったが・・・

外に出て傘を開いてみると、穴が10ヶ所くらい開いている。
縫い目が裂けて開いたように大きくなっている穴もあるが、
もともとの生地に穴が開いている部分もあった。

ま、歩いてて雨漏りするほどの大穴ではないし、
とりあえずその場が凌げればそれでいいんだけど・・・


タイでは品質に関係なく、
足元を見て高い値段を付けているだけで、
「安かろう悪かろう」でなく「高かろう悪かろう」かもしれない。

noar.JPG
エカマイを北上すると右側に見える「ノアール」の看板。タイ語では「ノーアー」。
ペッブリーとラマ9の間なので厳密には”プラディットマヌタム通り”らしい。
昔、悪名高かったアタミの姉妹店だそうだが・・・
まだ潰れずに営業してるかな〜?もう無いかも バッド(下向き矢印)


ちなみに帰宅後、傘に付いていたタグを見ると、
生産国は中国になっていた。


タイの雨季は降りそうで降らなかったり、また逆に、
降らないと思って外出したら30分後にドシャ降りになったりする。
だから、傘を持って出掛けるかどうかの判断が難しい。

普通の大きな傘は、杖代わりにするにはいいけど、
タクシーやバスに乗る際に邪魔になるし、
メシ食いに行ったりすると、よく置き忘れてしまう。

バンコクでセミリタイヤ生活するなら、
折りたたみ傘を日本で買って持って行くといいかもね。

で、ディパック程度の小さなバックパックや鞄に入れて持ち運ぶと
邪魔にもならないし、置き忘れる事もないからいいと思うよ!


ラベル:雨季 ノアール
posted by フーフー岡村 at 01:00| Comment(2) | バンコク気候 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

タイ観光ビザランでミャンマー旅行 最終回 4〜6日目

チェンラーイと お別れ。
午前中に町中にあるチェンラーイバスターミナル1へ行く。

バスターミナル1でチェンマイ行きの切符が買えるので買っておく。
11:15発で132バーツ。もちろんエアコンバス。

バスそのものは、県外へのバスなのでターミナル2から発車するが、
ターミナル1で切符を買うのが得策だ。

ターミナル2の切符売り場「GREEN BUS」は、
行列がひどくて待つのが嫌になるからね。

で、切符を買ってからターミナル1の奥にある食堂街へ。

お粥の店があったが、売り切れ。
次に、カーオソーイの店を見つけたので食う。

25バーツだったかな?
いかつい顔のオッサンだったが、優しい。

チェンライの人々はチェンマイやその他の都市のようにガツガツしてないし、
人々も穏やかだ。
町もこじんまりしていて、のどかないい所で、
リタイヤ組がチェンラーイに住み着く気持ちは分かる。

しかし・・・

田舎すぎて俺には無理 わーい(嬉しい顔)


さて、ターミナル2へソンテウで。
尚、このシリーズで以前書いたが、チェンライ県には在タイ華人が多い。

ソーンテーウ等に乗っていると分かるが、
普段は中国語を話し、公共の場では下手なタイ語を話す”現地人”が多いが
そういう連中は殆どが在タイ華人と思って間違いない。

T1からT2へ行くソーンテーウに乗り込んで待ち、
向かいに座っている奴らの「中国語+下手なタイ語」を聞かされている時、
異様な袋をぶら下げたオバチャンが乗り込んできた。

運転手が「それ、中身は何?」と訊くと
オバチャンは「ゴップ(蛙)」と答えた。

袋の中身を覗いて見ると、
ウシガエルより少し小さい蛙が20匹くらい入っている。
チェンマイへ行って売るんだと言っていた。

そんなこんなでターミナル2に到着。
出発予定の11:15まで待つ。

メーサーイもチェンラーイも、
バスターミナルの大便所は、荷物を引っかけておくフックがない。

よって、メーサーイは無料だったと思うが、
チェンライ2BTのトイレでは、荷物は料金所に預けるのがいい。
(ただし無くなっても自己責任が原則)


バスはチェンライ2を11:20に出発し、
14:30にチェンマイ・アーケートバスターミナルに到着。
予定では所要3時間25分だが、若干それより早かった。

チェンマイには今年の春から友人が住んでいる。

タイ語を本格的に勉強するため、
勉強の邪魔をする俺達のような悪友が居ない環境に引っ越したのだった。


ところで、この友人は違うけど、
沈没するためにタイに来る人に多いのが、
「タイに英語を勉強しに行きます」
と親に言い訳する”タイ英語留学生”もどき。

こういう人が俺のサラリーマン時代の先輩にも居たが、
恐らく、大して上達せずに帰国した事だろうと思う。
(この先輩は昨年帰国した。どの程度上達したか俺は知らない)


「なぜタイで英語?」
の質問に対し、
「タイの英語学校は安いから」
こういう答えしか返ってこない例が多いんだから、
本気で英語を勉強しようという気持ちは無いに違いない。

或いは、
「学校に通えば、努力しなくても自動的に話せるようになる」
と勘違いしているんじゃないかと思う。

学校は基礎やコツを教えるだけであって、
”そこから先の努力”が外国語習得の鍵になる。

タイ語でも英語でも同じだと思うが、
・ネイティブ(≒現地人)と問題なく意思疎通できる
・現地のテレビを観て、内容が全て理解できる

まで上達するには
それなりの情熱や覚悟や決意が必要になると俺は思う。

”安いからタイで英語留学”
こういうセリフからは、情熱が感じられない。
タイで遊ぶための口実に過ぎないと思う。

俺の友人の場合はタイ語だし、どの程度ヤル気なのか分からないが、
チェンマイに引っ越して背水の陣を敷いた意気込みは買える。
頑張ってくれ!

で、この友人宅に1泊。


<5日目>

夕方、チェンマイ駅からタイ国鉄でバンコクに戻った。

チァンマイ駅17:55発の2等エアコン寝台上段791バーツ。

今回は暑さが堪えていたのでファン寝台に乗るつもりはなかったが、
エアコン寝台も上段しか空席がなかった。
(俺は上段が好きだから望むところだ。尚、ファン寝台は無かった)

ソムバットツアーやチャントゥワのバスなら518バーツだから、
列車はバスに比べて運賃が高いのだが、そういう問題ではない。

ちなみに列車の切符はシティビザカードで購入。
17chiangmaistation.JPG
チャンマイ駅の切符売り場夜10時まで営業しているようだ。
(但、クレジットカードが22時まで使えるかは未確認です)

これで2ヶ月間の海外旅行保険が付いてくる
歯科医には使えないが、何かの時に心強い。

さて、列車に乗り込むと、窓ガラスが割れている。
18brokenwindow.JPG
外から石でも投げられたようだ。

尚、2等エアコン寝台の車輌は、
バンコク〜ノーンカーイ線よりグレードが高い。

ドリンクホルダーが付いてたり、荷物置場もちょっと違う。

携帯電話やパソコンを持ち歩いている人には
電源も付いているのが嬉しいね。

定刻通りに出発。
バンコクには翌7時ちょうどの到着予定だ。

夜行バスに無い”寝台列車の利点”は、
車内で読書しやすい点が挙げられる。

チェンマイ線はノーンカーイ線よりガタガタするので
やや読みつらいが、バスよりはマシだろう。

チェンマイ線がガタガタするのは、恐らく、
雨が多くて地盤が緩み、線路が傷みやすいからだと思われる。


<6日目>

バンコク到着は1時間遅れくらいだったと思う。
バンコク都内に入ってからが長い。

フアラムポーン駅からバスで自宅へ帰った。


<反省>

今回のビザランも、目的の半分を達成できず失敗だったが、
久しぶりのタチレイ&チェンライ、友人と会えたチェンマイ、
歯が少しジンジンして不安ではあったが、楽しかった。

ただ・・・

チャイントォンには行けなかったし、
歯は痛いし、気に入っていた服は破れるし、
バンコクに戻って見たら、ビザラン前に売った株は上がってるし、
帰宅の翌日にはグラス割ってしまうし、
風邪ひいて2日間寝込む事になってしまったし、
・・・
その他にもいろいろあって、
どうも「プチ大殺界」に突入した気がする。

夜遊びは控え、暫くは大人しく昼間だけ遊ぶ事にしよう。

それから、
メーソートを利用したビザランのアイデアを書くのを忘れた。

このアイデアは、達成できれば快挙になると思うので、
今は秘密にしておき、実行したら記事にしようと思う。

終わり


posted by フーフー岡村 at 01:00| Comment(3) | ビザラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。