2010年12月04日

タイ料理屋台でモタサイ運転手に

タイ料理屋台でメシ食っていると偶然、
顔馴染みのモタサイ運転手に会った。

俺がいつも「日本製の大人向け雑誌」をくれてやっている男だ。

日本から来る友人に対して俺が頼む土産は、
タイ人男性が見て喜んでくれるような雑誌なのだ。

普段はこの運転手と込み入った話はしないが、だからこそなのか?
メシ食っていると、いろいろ質問してくる。

「仕事は何?」

「いつ仕事してるんだ?」

「楽か?」

「タイ人の恋人は何人居るんだ?」

・・・

キリがない。


俺はこの時、運転手が来るまで、メシ食いながら
11月の投資成績を振り返っていたところだった。

11月は1〜2日のたった2日間で、1ヶ月の生活費分くらいの稼ぎがあった。

その11月2日は、ちょうど手仕舞いすべきタイミングだったのだが、
欲張って放置したら、みるみるうちに含み益が減っていった。

月末で〆てみれば、2ヶ月分の生活費相当額の負けだった。

(あ〜・・・今年はマイナスの月は無かったのに・・・
 欲張りすぎて今月とうとうマイナスになってしまったな〜)


と反省していたところだった。


そんなワケで、モタサイ運ちゃんには

「仕事はコンピューター関係さ」

と答えたが・・・

案の定、次々に質問が。

「儲かるかい?」

「日本の経済が悪いのでダメだよ。今月は赤字」
(ホントは日本経済は全く関係無いけど (*`艸´)ウシシシ)


「日本が不景気ってどういう事だよ?
 んじゃ、タイはどうなるんだい??」


「日本は物価も人件費も高いから仕事がなくなるんだよ!
 トヨタも日産も工場をタイに持ってきてるだろ?!」


「トヨタの車1台の値段で、タイでは家を買えるんだぜ?
 そんな高い物を売り付けておいて不景気は無いだろ?
 あんなに売れてりゃ日本人は全員が大金持ちのはずだぞ?」


「タイは車にかかる税金が高いからだよ!それに、
 日本では儲けは全部、税金として政府に巻き上げられるんだよ」


cozyriviera.JPG
セーンセーブ運河の船上から撮影


運ちゃんは俺を憐れに思ったのか わーい(嬉しい顔) おもむろに

「モタサイ運転手は意外に儲かるんだよ」

「あ〜、マッサージ師がそんな事を言ってたのを聞いた事あるよ。
 暇な時は奴ら、店の前に座って客引きするだろ?
 モタサイが日に何度も往復するのを見て、羨ましそうにそう言ってたな」


「やってみるかい?」

(嫌だよ・・・でも嫌だって言ったら角が立つし・・・あ、そうだ!)

「そういえば、そのモタサイのベストはプラカノンで買うの?」


「そうだよ、よく知ってるな?」

「昔、土産として買って日本に持って帰った事があるのさ」

「え?外国人は買えないだろ?」

「買えたよ。ソイ48だろ?」

「ああ、そうだけど・・・へ〜、買った事あるのかい。じゃ、話は早いな!
 働くにゃ、デポジットが3ヶ月400バーツかかるけど問題ないだろ?」


「働くのにデポジット払わなきゃねえの?」

「そうだよ。責任ある仕事だからな! グッド(上向き矢印) 」

「ふ〜ん・・・でも・・・タイの法律じゃ、
 外国人は運転手って仕事はできないはずだけど?」


「そんなの、どうにでもなるよ!」

(遠まわしに断ってんだけど・・・察しの悪い奴だな〜・・・ふらふら
 それに儲かるったって、月50万円は儲からないだろ・・・)


「俺が話つけてやるから大丈夫だよ!
 但、その代わり・・・」


「その代わり、何?」

「これからも日本の雑誌をくれよ!」

(やっぱりそういう事か・・・)

ジャンジャン!!




ラベル:タイ料理
posted by フーフー岡村 at 01:00| Comment(4) | バンコク生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。