2010年12月13日

バンコク〜ポイペト経由〜カンボジア入国

<カンボジア入国後>

ま、とにかく、その日のうちにカンボジアに入ってしまい、
カンボジア入国後は直ぐにピックアップに乗ってシソフォンまで行く。
(カンボジア入国に手間取って、ポイペト泊になる場合もある)

ポイペト入国して目の前のロータリーにもピックアップが居るが
もし居なければ、ポイペトバスターミナルまでモタサイ20Bで行く。
そこからピックアップの”車内の座席”に乗る。
(今ならモタサイは10バーツらしいね)

荷台に乗れば安いが、満載の荷物上に座らされ、
道路は舗装してないのでホコリだらけになる。
砂が舞うので目も開けていられず、顔も首も腕も服も真っ黒になる。

因みに、荷台には色んな物資が積まれていたが、
たまに大きな「草」も積まれていたりして苦笑せざるを得ない。
(もちろん、ガンチャの事だ 喫煙 )

車内の後部座席には、せいぜい3人が限界のところ、4人詰め込む。
助手席には2人座らせるのがピックアップの定員。

運転手に近い方の乗客は、狭苦しいので、
シフトレバーを跨ぐように片脚を運転席側に投げ出したりする。

それでも助手席に座れれば、2人共、脚を少し伸ばせるのでマシだが、
後部座席は足元が狭く、道が悪い為にシートもヘタリまくりでケツ痛い。

しかも、天井が低いので、後部座席に乗ると常に屈んだ状態を強いられる。
ケツも痛くなるので、常に姿勢・態勢を入れ替える必要がある。

元々ピックアップなんてのは、
後部座席は人間が乗るような代物じゃない。
プラス2 として設計されているのだから、キツすぎる。

乗ったことない人には想像もつかないだろう。

俺のこの説明を読んでからピックアップの席の狭さを見たら
俺が嘘ついていると思う人も居るかもしれない程の狭さだ。

よって、2人分払って助手席を一人で占領するのがセオリーだった。
(後部座席だと、2人分払って2倍のスペース確保しても、まだ狭苦しい)

それでも、ポイペト〜シェムリアップ間が約7時間だったから
いかにきついかは経験してみないと分からないだろう。

道はガタガタで、今の道しか知らない人には想像もできない。

当時の道は所々に大きな穴が掘ってあり、自動車は進めない所がある。
仕事のない現地人が穴を掘るのだ。

そして、立ち往生した運転手が金を払うと、
穴を開けた地元住民が大きな板を持ってきて、
穴にフタして車が通れるようにする。

いくら日本が援助して道路整備してもムダだったのだ。
直しても直しても、現地人が深くて大きな穴を掘るんだから。

また、整備も簡易舗装なので弱かった。
そこを過積載のトラックがガンガン走るので、すぐに道はガタガタになる。


なお、ポイペト〜シソフォンは、50B×2人分占有で100、
シソフォン〜シェムリアップが、150B×2人分占有で300B。
(もちろん、車内の座席の値段)

ポイペト〜バッタンバンで所要4〜5時間、
運賃は2人分占有して150バーツだった。

シェムリアップがバッタンボンの2倍の運賃というのも妙だが、
観光客が多いからだと思う。(メモの記載間違いかも ふらふら )

ちなみにポイペト〜シソフォン間は、
カンボジア人なら黙っていても荷台で20バーツ、車内で50バーツ。
(外人だと、交渉して漸くその値段に落ちる)


<当時の状況まとめ>

最初に戻って、
タイ国鉄利用なら朝6時前の列車に乗り、昼前にアランヤ着。
駅で待っているソーンテーウに乗って国境へ。
(ココまでは現在も状況は同じだ)

その時間にポイペトからピックアップに乗れば、
夕方にはバッタンバンに着くので翌日プノンペン着が早い。

もちろんシェムリアップにも行けるが、
プノンペンに行くならバッタンバン経由の方が早かった。

尚、バッタンバンに泊まったら、翌朝6時には出発するようにしないと
ピックアップやカムリタクシーの多くが出発した後になってしまい、
人数が集まるまでかなり待たされる事になる。

バッタンバン〜プノンペンが8〜9時間、
運賃はカムリタクシーで2人分占有で35000リエル(約9ドル)。

当時に比べ、現在はホントに便利で楽になった。
しかも安い。

バンコクからプノンペンまで直通列車が運行するようになれば
もっと安く速く便利になるだろう。

つづく




posted by フーフー岡村 at 01:00| Comment(0) | カンボジア旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。