2010年12月18日

KT・ZMICO証券でタイ株投資再開 1.申込書請求

バンコクの中華街ヤワラートへ漢方薬の原材料を買いに行った帰り、
つい間違ってウッカリ4番のバスに乗ってしまい、
クロントーイで下車する事になった。

チャイナタウンに住んでいた頃、4番かエアコンの7番に乗って
タニヤやパッポンへ行ってたクセが未だに抜けないのか わーい(嬉しい顔) 
(シーロム・タニヤから乗る時には間違える事は無いから、
 チャイナタウンから乗る時は無意識に4番か507番に乗ってしまうのだろう)


ま、
これも神のお導きだろうと思い、
久しぶりにクロントーイ市場を見てみた。

しかし・・・

分かっては居たが、目新しい物など何もない。
しかも臭い、汚い、危険の3Kだ バッド(下向き矢印)

・・・

フラッと歩いて歩道橋を渡ってみたら、
SETの建物らしき電光掲示板が見えた。

SETとは
The Stock Exchange of Thailand の略、
つまりタイ証券取引所の事だ。

(ちょっと見学してみようか・・・)

と思い、
SETに向かって歩きながら掲示板を見ていると、
SET指数が1000を超えていたのでビックリした。

ちなみにクイーンシリキットのSETには
オフィスとミーティングルームがあるだけで、
トレーディングフロアは無いと言われた。
(取引フロアはウィッタユにあるとの事)

そういえば、過去数ヶ月の間に一度、タイ株の某3銘柄を株価だけ調べてみたが、
俺が約4年前にメルマガで推奨し続けていたBANPUはムチャクチャ上がっていた。

俺が目を付けた2006年1月には126バーツだったのが、
今は800バーツを超えていて(2007〜8年にも超えていたかも)
為替の円高を見越してタイ株投資を中断していた俺にはショックだった。

2007年7月が円安のピークで、以降は予想通り円高に転じたのだが
ここ最近はタイバーツに対しては円高はあまり進んでおらず、
逆に円に対してバーツが健闘している。

2009年11月だっけ?10000円が3900バーツ近くまで行ったが、
最近は米ドルが弱いだけで、タイバーツは3600前後だ。

外国からの投資のせいでバーツ高になっているのは
調べたワケではないけど、十分に説得力ある説明だ。
(その憶測内容は別途、後日にでも書くかも)

そこで、
有望銘柄の株価変動を調べてみた。

まず、
未だに市場が効率化されてないように思えた。

そして、株式投資の初心者が最初に見る、
PERのような基本的指標を見ただけでも、
割安銘柄がゴロゴロある事が分かる。

又、そこそこの株価水準にある銘柄でも、
ジムロジャーズ言うところの「ヒステリー」のミニ版がたまに発生するので、
チョコチョコ儲ける機会も多い。


ちょうど米ドルの80円割れ寸前、ギリギリで介入が入って以後、
84円台までドル円が戻し、暫く円高トレンドは無いと思ったので、
タイ株投資に踏み切る決心がついた。

以前、「ドル円が80円割れる迄、タイ株投資はしない」
と書いたが、それは撤回する。 
(簡単に頭を切り替えられる人間でなければ投機家は務まらない わーい(嬉しい顔) )

で、
旧SEAMICO証券、現KT・ZMICO証券に口座開設をWEBで申込んだ。

2007年に俺はシミコ証券の口座を解約してしまってたのだ。

株高の”ほぼ”ピークで株を全部売って全額出金し、
円安の”ほぼ”ピークで全額を日本円に両替したが、
全額出金により、口座は自動的に解約されるのだった。

また1から口座開設は面倒だが、仕方ない。

KT・ZMICO証券のサイトから申込んだ3営業日後に申請書類一式が届いたが・・・

KTZmico.JPG

全部タイ語で書かれた書類だった・・・バッド(下向き矢印)

まあ、書類の内容はタイ語でもだいたい理解できるのだが、
大金を預けるための書類だから、一つでも間違いがあるとマズイ。

いちいち辞書を見ながらの記入となってしまった。

尚、香港のフィリップ証券の口座でもタイ株取引は可能だが、
約定したかどうか当日深夜11時(日本時間)にならないと分からないし、
手数料も当然ながらKTZMICO証券より高いので不便で不利だ。

日本から金を持って来て、
スーパーリッチで両替して口座に入金するほうが得だろうし。

さて、どうなるかな〜 ぴかぴか(新しい)

明日につづく




posted by フーフー岡村 at 01:00| Comment(0) | タイ株投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。