2009年11月13日

チェンマイへローイガトンの旅 1日目

 
猫も杓子もブログでロイガトン・ネタだったが
それもようやく沈静化した事だし、
俺がこの年になって初めて体験したローイガトンの話。

タダの”タイ女との旅行記”じゃないネタもあるからね!

ある日の事

安田誠氏(棚橋貴秀氏)風の言い方だと”タイ人の友達”が、
「ローイガトンはチェンマイに行く」
と言い出した。

実は俺は、一度も、大きな川でやる
ローイグラトンの現場には行った事がない。

俺は祭りとか、ディスコとか、
そういう人の多い所が嫌いだからで、
実はテレビで見た事しかなかったのだ。

但、
スクンビットのカラオケ屋やラチャダーの高級サウナの店内にある、
小さな噴水池というか泉というか・・・他にはデパート内とか、
あ〜ゆ〜ローイクラトンは、
数え切れないくらい見てきたけどね(*`艸´)ウシシシ

チャイナタウンの旧ハーレム(現クレオパトラ)
のようなショボイ店でもグラトンを流すんだよ!

さて・・・

しかし、
”タイ人の友達”が「行く」と言うからには

「私をロイグラトンに連れて行け!
 もちろん、お前の金で!拒否する事はできないんだよ!」


と言う意味である。

面倒くさそうに
「エ〜・・・」
と答えると、2時間に渡って怒鳴られ、詰られ、泣き喚かれた。

(俺の事を本気で好きなのかな?)

などと勘違いするほど、俺は御人好しではない。

何か裏があるはずだが、泣く子にゃ勝てない。


そこで、条件付きでOKしてやった。
その条件とは、

「行きはタイ国鉄の2等寝台列車で行く、帰りはバス利用で帰る。
 それが嫌なら、お前を狙っているモタサイ兄ちゃんと行って来いよ」


今、俺が作成中のビザランに関するサイトを完成させる上で、
この2つの交通機関調査が欠かせないからだ。


ちなみにこの”タイ人の友達”を狙っている”モタサイ兄ちゃん”は、
この女と一度も会話した事がない。

しかも俺の存在を知っているにも拘らず、
女が7−11へ買い物に行く途中、女の前に立ち塞がって
「ポム・ラック・クン・ナ〜」
と、告白するツワモノである。

俺が日本人だからナメているのか、はたまた、
うまく行けば俺の金を巻き上げる事も可能だと思っての事かもしれない。


しかし、タイ人女性は強かだから、
貧乏人には洟も引っかけない。

貧乏な家庭で育った女ほど、
「絶対に金持ちと結婚してやる!」
と思っているものである。


そこで、モタサイ運転手の兄ちゃんは
”モタサイ運転手のままではウダツが上らない、
 この女と幸せになるには独立自営しかない”

と考え、
カオ・カイチアウ屋台の親父になろうと決心し、
現在修行中の身だそうである。

trainforchiangmai.JPG

ま、そんなワケで、
10月31日の22:00発の列車でチェンマイへ。

いつもの事だが、定刻になっても出発しない。

夜行列車でも、2等寝台は止まっている間は暑い。
走り出すと風が入って来て、涼しくなるものだ。

だが今回は、既に涼しい季節に入っていたため、
停車中も思ったほど暑くはなかった。


向かいには英語教師のファラン男と、
鼻のシリコン丸わかりのタイ女のカップル。

男曰く、定刻より2時間遅れてチェンマイに到着するとの事だが、
出発する前に”2時間遅れで到着”と知っているのが不思議だった。

他にはファランのバックパッカーが多く、タイ人は少ない。

タイ人のオッサンが、大きな檻を積んでいて、
見ると小さい犬を10匹ほど腹の上に乗せて寝ている。

数年前からタイもペットブームで、
犬を飼うのも流行っていれば、
ブリーダー稼業をやるタイ人も増えている。


22:43に出発。

”タイ人の友達”はすぐに寝た。

俺はこの機会に、
溜まりに溜まっているフリーペーパーを全部読んだ。

inside_train.JPG

尚、厳密には”ロイガトーン”ではなく、
”ローイグラトンが正しい。

LOAY GRATHONG 又は LOAY KRATHONG
流すバナナの葉で作った容器
(タイ人的には KRATONG と書くケースが多い)

タイ語を読める人のブログは
”ロイクラトン”
”ロイグラトン”
”ロイガトン”
などと、
伸ばすなら前を伸ばして書いている。

”ロイガトン”
などと、後ろだけを伸ばすのは間違いだと思う。

THONG の発音は、性質上というか構造上、
長母音に聞こえやすいが、本来は伸ばさないはずだ。
(伸ばしてもいいというタイ人も居るが)

だからタイ語に忠実に表記するなら
仮に後ろを伸ばすなら、前も伸ばさないとヘンだ。

「おはようございます」が正しい日本語だが、
「おはようございます」でも通じるのと同じで、
ま、どっちでも通じるけどね〜!

★明日の記事にもコレに関するタイ語を書くので、
 タイ語初心者は明日の記事も必ず読んでね!!★




posted by フーフー岡村 at 01:00| Comment(2) | チェンマイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです!読ませてもらいました。

2等寝台でチェンマイですか?料金はどのくらいになるんでしょうか?あと寝台だから朝には到着するんでしょうね?

続きも読みます!
Posted by ben0501jp at 2009年11月13日 18:18
ben0501jp さん

こんばんは!
2等寝台ノーエアコンで、
2人で1100バーツちょっとでした。(片道)

思ったより時間がかかるんですけど、
バスより疲れは少ないですね。
チェンマイ行きは列車がおススメです。

”つづき”もよろしくお願いします!
Posted by フーフー岡村 at 2009年11月14日 19:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。