2009年12月06日

90日目のビザラン先は ウボンラーチャターニー に

 
ビザラン旅行の連続シリーズとして、
ウボン〜パークセー紀行を書きます。

日数は短いものの、
いろいろあったので長い文章になり、
そのため毎日連続で更新します。

前もって断っておきますが、
遊び関連のネタはほとんどありません。

しかし、
セミリタイヤ・外こもり・沈没組には有益な情報となるでしょう。


<以下、本文>

結局、90日目のビザラン先は、
ウボンラーチャターニー経由パークセーにした。

日本から友人が来ることになったので、
すぐバンコクに戻る必要があったからだ。

バンコク発の夜行バスで翌朝にウボン到着、
ウボンから国際バスに乗ってラオスのパークセーへ行き、
ラオスで1泊してウボン〜バンコクという日程にすれば、
3泊4日の小旅行で、一応はパークセー観光もできる。

メーソート2泊3日の方が日数は短いのだが、
もしメーソートにグッドな遊び場がなければ、
ビザ取りだけの味気ない旅行になってしまう。
(ミャンマー国境だから”ある”はずだが)


ちなみに当初の構想では、
メーソートからミャンマーのミャワディに出国し、
すぐにタイに再入国してチェンマイへ行き、
チェンマイで3日ほど遊んでいこうというものだった。

しかし、ローイガトンでチェンマイへ行ったのに、
またチェンマイへ行くと怪しまれて非常に危険だ。

だからと言って、メーソートからミャンマーへ出て、
日程短縮のため、すぐバンコクへトンボ帰りというのは、
なんとなくバカらしい。

パークセーにはロクな遊び場がないらしいが、
もともとラオスには、そういう遊びを期待してないから
真面目な観光旅行で充分である。

異国の地に1泊するだけでも、
ヨゴレた心をリフレッシュできる。


そう考え、チャントゥワに電話して、
翌日のウボン行きバスを予約。

ナコンチャイエー社のバスの方が高級という噂だが、
ナコン社は552バーツで4列、3列だと736バーツ(←たぶん)。
チャントゥワは3列で495バーツ。

ノーンカーイ・ルートのチャンツアーには満足しているので、
ウボンルートも良いかどうか確かめたかったのもあるし、
ナコンチャイエーより大幅に安いならチャントゥワだろう。
(後にこの短絡的な考え方が間違いだったと気付く)。


ちなみに数年前までは、
バス予約なんてしなくても楽勝だったように思うが、
まず、俺が公式サイトでチャントゥワを推奨した。

その後、
安田誠(棚橋貴秀)氏も著書「外こもりのススメ」
「ノンカイ行くならチャンツアーがおすすめ」
と書いたので、取りにくくなっている可能性がある。

実際、2ヶ月前のノーンカーイ行きは満員だった。


チャントゥワの短所は、
予約用の電話が一回で繋がらない事。

2回かけても話し中。

ウボン行きバスの受付専用電話にかけても、
コールしているものの、誰も電話をとらない。


いったん電話を切って、トイレへ。

そういえば前回、ノンカイに行く時の予約も、
まず自動音声(タイ語)になって、それを聞いてる内に、
人間に代わってくれたので
何とか予約できたんだったよな〜・・・


などと思いながら小便しているうちに、
見知らぬ番号から電話がかかってきて、
出てみたらチャントゥワの予約係からだった。

後は簡単。

翌日の
21:00発ウボン行き 予約完了。
20:00までにモーチットマイへ来て、
チケットを買うように言われたのはいつも通り。

<注>
俺はバスの電話予約くらいなら自力でできるが、
タイ語に自信のない人は、
知り合いのタイ人に頼んで予約してもらうのがいいでしょう。

予約の際に言うべき事、
訊かれる事は決まっているので簡単だけどね。

・行き先
・日時
・人数
・名前


片道か往復かを訊いてくる場合もあるが、
特に言わない限り、普通は片道として扱われる。

予約名はニックネームや偽名で可だが、
タイ人に多いニックネームはダメかもしれない。

SATO、SUZUKI、TANAKA なら、そのままでもOKだろう。
OKAMURA は、受付係のタイ人には長くてやや難しいようだ。

いつも「OKAMA?」なんて復唱されたりする。
面倒だからいつも「そうです」と答えるんだけどね。

さて、バス予約を済ませた後、
その夜もバンコク在住の友人と大量に飲んでしまい、
3日連続の暴飲が翌日から祟ることに・・・




posted by フーフー岡村 at 01:00| Comment(2) | ビザラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウボン旅行記、まことにタイムリーです。
僕も次回行く予定だから、、、。
できればウボンとラオス側の情報もほしいところですが、、、。(笑)
ほんとに真面目な旅行だったんですか?

チャンツアーのバスは僕もお勧めです。
ウドンから乗ったけど、座席が電動マッサージ尽きだったし安かったので次回も利用したいですね。
Posted by トンローらぶ at 2009年12月06日 14:38
トンローらぶ さん

チャントゥワのバスは、ウボン発着に関しては当たり外れがありますね。
ウボンのバスターミナルで見た車体はノンカイやチェンマイルートと同じ、高級感あるVIPバスでしたから。
ボロくても3列なのでゆったり感はあるので問題ないですけどね。
ただ、ロイエット経由で時間かかるのが短所です。
結果的にマジメな旅行になりましたよ!
飲みすぎ食い過ぎで、体がボロボロでしたから・・・
Posted by フーフー岡村 at 2009年12月08日 01:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。