2010年01月10日

チェンマイでは田植機は使わず稲刈機を使う

 
バンコクの某サウナで久しぶりに見た顔。
性格良かった記憶があるので指名した。

チェンマイ出身のマッサージ師で、
失恋して凹んだので実家に帰っていたという。

恋愛の相手は客の日本人だそうだ。

チェンマイに居た数ヶ月間、
食欲なく、食べないので激ヤセしたそうで、
確かに顔も体も細くなっていた。

で、本当はチェンマイに居たいけど、
収入がないから仕方なくバンコクに舞い戻ったとの事。


そのタイ女から聞いた話だが、
チェンマイでは稲刈り機でキヤウ・カウするらしい。

で、逆に田植え機は使わないそうだ。


ウボン出身のタイ人女性は、
「田植え機は使うけど、
 稲刈り機は高いから使わない」


チェンマイ出身のタイ女は
「田植え機なんて使わないよ。
 稲刈り機は需要があるから必需品」



ウボンの女とは話が違うので、
もう少し訊いてみた。


・1ライ1000バーツで請け負うタイ人がいる
・1000Bでも稲刈りの時期には農家の行列ができる
・人夫は300−500Bだから、機械の方が効率がいい
・機械だと1日5ライ可能だから、5000B/日の収入になる
・2台持ってれば、毎日遊んで暮らせる

タイの田舎では、
こういう仕組みで金持ちはドンドン金持ちになるそうだ。


「金があれば私もやるんだけど、
 機械を買う金がないから、できないのよね〜」


「クボタの稲刈り機って、いくら?」

「50万バーツくらいね」

「一日5000Bとして、100日で償却できるワケか・・・
 そんなに仕事があるのかい?」


「年2−3回収穫があるからOKよ。
 繁忙期には、農家が機械待ちなのよ」



そういえば、タイでは
”稲刈請負業”があると聞いた事がある。


金持ちが機械を買い、稲刈りを請け負うんだな・・・
それって、こういうシステムだったのかな・・・



しかし、マッサージ師の話を鵜呑みにするのもね〜

コレ、燃料代、メンテ代などが計算に入ってないから、
ホントに50万バーツが償却できるかどうか、
よく調べないと分からない。

盗難なども考慮に入れる必要がある。


「濡れ手に粟」ほど儲かるなら、
クボタ社自体がそれに近い業務に進出していてもおかしくない。

ま、俺には無縁の話だろうな〜・・・




posted by フーフー岡村 at 01:00| Comment(6) | タイの農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ω゚)コンバンワ

フーフーさん行きつけのバーを探してみようとレックスに投宿し、さあ探そうとした直後、ネオンの灯に吸い込まれ断念しました。
よく考えてみたら30代の男に追いかけられても迷惑でしょうしw
あ、今回はテーメーに挑戦してみました。そしたら私が思い描いていたフーフーさんにピッタリ一致するロマンスグレーのナイスミドルが流暢なタイ語で可愛い女の子をスーッとお持ち帰りして行きまして…
その隣に居た娘を何となく選んでそれとなく聞いてみたところ、常連さんだとのこと。
あれはかなりの高確率でフーフーさんだと決め付け何か勝手に納得しました。
ズバリそうなんでしょうか?w
太めの娘だったし(^^)
Posted by とら at 2010年01月10日 01:33
はじめまして、マラコーといいます。
フーフー岡村さんのブログをいつも楽しく読ませて貰ってます。
相変わらずMPで遊びまくっているようですね、羨ましい限りです!

クボタを買って金持ちになりたいですね。
まあ、信頼できるタイ人妻を作らないと難しいかもしれませんが…。
Posted by マラコー at 2010年01月10日 11:57
農業関係は現地人にしかできないですよ

以前カンボジア信用金庫さんのお見合い相手のおじさんがタバコ産業に参加して8000ドルださないかといってきましたが

結局話で終わってしまいました。
ますせしい学校を助けようとPC10台寄付した人は
「すぐ売り飛ばされるよ」と注意したのに
あっという間にあげて5000ドル半年で売られて終わり
なんなのでしょうね
「話としてふんふん程度ですね」
Posted by U女史 at 2010年01月10日 20:22
とらさん

1月4日付け記事に、1月7日にコメント返しした中に書いておきましたが、
私は1ヶ月以上テーメーには行ってなかったので、
その人は私ではありません。
私はロマンスグレーでもありません。
私の顔を知っている女は恐らく半分以下に減っているでしょう。
彼女たちは忘れっぽいですからね〜


マラコーさん

はじめまして!
ご愛読ありがとうございます。

>信頼できるタイ人妻を作らないと

これは必須条件でしょうね。これが一番難しいんですけど。
たとえタイでも、智恵を絞った商売でなければ難しいですから、
我々外国人は何もしないのが一番かもしれませんね〜
今後もよろしくお願いします!


U女史さん

>農業関係は現地人にしかできない

農業はそうだというのは知ってましたけど、
稲刈り請負もダメなんでしょうかね〜?
黒田さんなんかはどうやってるんでしょう?

>「話としてふんふん程度ですね」

持ち込まれた話というのは99%、そうでしょうね〜
Posted by フーフー岡村 at 2010年01月12日 18:56
フーフー岡村さんのチェンマイでの農作業は、ちょっと想像できません...

やはり、ペッブリー辺りの水田で、腰を使って種を直播する方が絵になると思います(笑)
Posted by 神奈川犬 at 2010年01月13日 01:42
神奈川犬さん

>チェンマイでの農作業は、ちょっと
>ペッブリーで、腰を使って種を直播

私もそう思います(*`艸´)ウシシシ (*`艸´)ウシシシ (*`艸´)ウシシシ
でも、腰を使いすぎると腹筋が筋肉痛になるので・・・(^∀^)
Posted by フーフー岡村 at 2010年01月15日 21:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。