2010年07月08日

タイの法律はどうなのか


バンコクはスクンビット某所で1年近く前にあった、
某日本料理屋での話。

バンコクには
日本の民放テレビを見られるサービスを提供している会社がある。

その会社の営業マンが某日本料理屋に来て、
そのサービスの説明をしていた。

一通りの説明を終えた後、女将さんが

「でも、これって、放映権か何かの違法じゃないの?」

「いや〜、でも、捕まるのは私の会社で、
 女将さんの店じゃないですから、ハハハ!」


「それもそうね、オホホホホ〜・・・」


と、契約相成ったのだが、俺はコレを聞いていて
(大丈夫かな〜)
と思った。


営業マン氏は
「はい、違法です」とは言ってないものの、
言外に認めたようなものである。
(実際に違法なのかどうか、俺は知りません)

だから、
日本料理店サイドも違法の可能性を承知している。


タイは知らないけど、日本の法律では、
善意か悪意かが重大な分かれ目になる事が多い。

”善意の第三者”などという言い方をするが、
善意とは「事情や経緯を知らない」
悪意とは「事情や経緯を知っている」
と法的には解釈する。

この日本料理店の女将さんは、
既に「悪意」と看做される可能性が強い。


善意の第三者なら
「著作権侵害とは知りませんでした」
と抗弁して責を免れる可能性もあるが、
悪意の第三者は確実に処罰や損害賠償の対象になる。

仮に”善意”にも拘らず、罰金や損害賠償を払わされた場合、
(コレも十分にあり得る、というか、善意でも請求されうる)
女将さんはテレビ会社にそれらの損害賠償を請求できるだろうが、
”悪意”なら「女将さんは知ってたじゃないですか?!」
と言われて終わり、という事になりかねない。

で、言った言わない論になったり、
「私は騙された」などと、話が縺れて裁判になるんだろうが・・・

そのテレビ会社が倒産したりトンヅラしてしまえば、
損害賠償請求してもムダになるから、
とどのつまりは、ヤバイ橋は渡らない方が無難という事だ。

「タイなら警察に賄賂払えば済む」という考え方もあるが、
著作権侵害で民事裁判を起こされ、損害賠償請求されれば
原則として警察は関係ない話である。

それどころか、
赤シャツのせいで水商売が軒並み休業していた間、
警察は小遣い稼ぎできなかったかもしれず、
今後はどんなインネンをつけてくるかもしれないしね。

「警察はタクシンから金貰っているから大丈夫だろ ちっ(怒った顔)
って、タイ人はみんな言ってるけど、どうだかな〜・・・

ただ、
俺たち客の立場からすれば、そんなのはどうでもいい事で、
民放の番組を見られるのは嬉しいけどね〜 わーい(嬉しい顔)




posted by フーフー岡村 at 01:00| Comment(4) | タイのテレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはよー。
引っ越し完了。

今回のエントリーは、「授業料」ですかね。ま〜 私は民放は経済ニュース位しか見ないので、見られなくなくて余り困らないですけど。

「授業料」
今まで散々払ってきたな〜(T_T) あれとかこれとか。思いだしたくないけど…その後の糧にせねば!まったくの無駄になるしね。

昨日の「授業料」は ガン検診。17万強さ。
早期発見の方が、トータルでは安いかな?と思って。

最近は中国人の「日本健康診断ツアー」なんてものもあるソーです。
日本の景気回復は中国人観光客におんぶにダッコだ〜\(^O^)/
Posted by K・SS at 2010年07月08日 06:39
最近は、NHKを見ているとストレスが溜まりました。
ワールドカップの話がでると、見たいところで突然画面が消えますので。
(また、最初の0.5秒くらいを見せてくれるところがまたニクイ。)

韓国人は、日本のドラマを翌日には字幕入りで見ています。
費用は、数十円(お金を払うとダウンロードのスピードが上がる)、
無料、携帯を使って溜まるポイント、と様々のようですが、
みんながやっていることで、当たり前みたいになっています。
3年くらい前でしたが、
無料で日本の番組をたくさん置いていた大手サイトの人が、
日本のテレビにも堂々と出演していましたし。

日本の放送会社が総出で訴えたら、
かなりお金をもらえるかもしれません。
Posted by koko(kk) at 2010年07月09日 11:01
ω゚)ノ コンバンワ

駐在員日記が終わって悲しい日々が続いていますよ

来月にバンコクへ行きます。トンローの赤い看板のお粥屋さんは是非行ってみたいと思いますので、良かったらフーフーさんもこっそり食べに来て下さいね。
坊主頭の人相の悪いデブが私ですので声をかけて頂けたら幸いです。

Posted by とら at 2010年07月12日 19:23
K・SSさん

>今回のエントリーは

夜遊び関連のネタがないだけです (^∀^)
ま、たまには堅い話も入れておかないと、
その辺の変態と同一視されますからね (*`艸´)ウシシシ

ちなみに私は癌検診しないつもりです。
たまたま癌を発見しても、何もしないつもりです。
何もしないのが一番いいという話もありますよ。
仕事せず、毎日のんびりテレビ観て笑って熱い風呂に入るのが最新のガン治療法だそうです。
(マジメな話です!)


koko(kk)さん

タイでもそうですね。0.2秒くらいかもしれません (^∀^)
一瞬だけ見せるとは、インチキ番組の大御所NHKも考えてますね。
それにしても、安く観る事ができるんですね?!

>訴えたら、 かなりお金をもらえるかもしれません。

なぜ訴えないんでしょうね??
半分外国人の民主党が政権取ったからかな?あ、でも3年前なら自民党でしたか・・・


とらさん

駐在員日記は成人向けのイメージ・アホなイメージが強いので、
煩悩から脱却した現在の私とは違う人格で書かねばなりません。
一休さんのように解脱しつつある私には無理があります (^∀^)

>声をかけて頂けたら幸いです。

まずは、
どんな女を連れて歩いてるのかをじっくり見物してからにしますよ (*`艸´)ウシシシ
Posted by フーフー岡村 at 2010年07月14日 21:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。