2010年09月11日

タイ王国の米作と風土病

タイは米の輸出量が世界一。(生産量は世界で第6位)

2位のベトナムの約2倍の量を輸出する米作大国だ。

タイランドは他にも砂糖やゴムの生産も多く、
昔は日本の砂糖輸入はタイからが最も多かったと思う。
また、ゴムも多くをタイから輸入している。

商品先物取引といっても多くの銘柄があり、
プロの商品先物トレーダーもそれぞれ得手不得手があるが、
日本市場で粗糖やゴムの商品先物取引をやるなら
タイ王国の農業の状況はウォッチしなければならない。

タイでセミリタイヤ生活をしていて、
タイ国農業のスケールの大きさを実感するのは、
巨大な艀(はしけ)が何艘も連結された状態で
エンジン付きの小船に引っ張られて河川を下って行く時だ。

central.JPG
8月下旬に見かけた「セントラルデパート」のキャンペーンカー。
可愛い音楽が流れていて、ファランが撮影していたので俺も撮影。
こんなのがスクンビットをゆっくり走っているから楽しいね〜!

話を戻すと、
運河を下る艀は殆どが穀物満載で、例えば
米、砂糖やタピオカ等を下流にある工場や港やタワー(サイロ)へ運ぶ。

艀の前後には小型船も連結されていて、
前後両方から引っ張りながら進む。

前の舟は主に舵(かじ)の役目を果たす。

後ろの舟は、前後の艀同士が衝突するのを防いだり、
川がクネクネ曲がった所では、後尾の艀が横滑りするのを防ぐ為
わざわざ進行方向とは逆の上流に向けて引っ張ったりする。

クネクネ曲がっている川でドリフト状態になると
座礁する恐れがあるからだ。

そういう風景を見ると、まず興味を魅かれるものだが
次には大自然に対する畏敬の念も生まれるし、
その自然と闘い、且つ、共生している人間の凄さにも感心する。

また、そういう艀が通る大河川では、
刈り取り専用の船で定期的に水草を刈り、
艀の運行の妨げにならないようにしている。

そういう風景を見ていると、
我々は多くの人々のお蔭で米や砂糖を口にする事ができるのだと気付く。
(アラレや煎餅の殆どは、タイ原産米が原料)

因みに今年は中国が上流で水量を絞った為
チェンライやラオスでは農作物に被害が出ている。

また、イーサーン地方では降雨が遅れ、田植えが遅れた。

このため、今年の米など農作物の収穫は少ないと思われる。

ところで、
ようやく田植えが終わったこの時期、
タイの米作農家では、ある病気が流行する。

田植えは裸足でやる人も居れば、
長靴などを履いてやる人も居る。

で、「裸足で田植えしたのが原因」と言われているのが
ローク・チー・ヌーと言われる高熱を発する病気だ。

ひどい場合には家族全員が罹ると言い、
バンコクへ出稼ぎに来ている夜の女たちを物心両面というか、
経済的にも精神的にも悩ませている。
(通常の仕送りにプラスして治療費を送ってやらねばならないから)

「ローク・チーヌウ」来週のタイ語講座で!
もう一枚のキャンギャル写真も一緒にアップするよ!




posted by フーフー岡村 at 01:00| Comment(6) | タイの農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フーフーさんへ、
ナインティーナインの岡村さんも引きこもり状態なんだけど、そちらは楽しそうですね。
たまに訪問して記事を拝見させていただいております。
この病気なんですが、「イサーンに埋没中」のブログ主のだんなさんが罹ったようです。
回復されておられますが、タイは雑菌がうようよしているんですなー。
そう、思いました。
Posted by ぐりりん at 2010年09月13日 12:17
ぐりりんさん

ご愛読ありがとうございます。

「ロークチーヌウ」居ましたか?!
実はこの記事、8月中頃に書いたものなので、
「とっくに治ってるよ!」ってタイ人も多いと思います。
今はバンコクっ子でも喉を痛めている人が多いですね!
Posted by フーフー岡村 at 2010年09月13日 22:32
今朝は久しぶりの雨。そんな東京からおはようさん。

昨日、円高に向けて日銀波動砲が発射!!!ま〜効果は疑問だけどね。昨日空売りした分が30円踏まれました。(T_T)

10月から、エネオスカードが改悪されます。
その1海外旅行保険(自動付帯)が無くなります。( ̄□ ̄;)!!

その2 年会費が有料になります。

昨日、今年初めて秋刀魚を食べました。やっぱし旨い\(^O^)/

いつか、バンコクのゴミ出し事情をレポートしてくださいね。待ってます。 では、また。
Posted by K・SS at 2010年09月16日 07:07
K・SSさん

エネオスカードの件、情報ありがとうございます!
ロードサービスは維持するようなので、
帰国時の事も考えてカードは当面は保有することにします。
更新時には「ENEOS−Sカード」にすれば年会費は今と同じ扱いになりますし。

さて、今回の介入は効果ありだと思いますよ。
普通、介入は効果がないもんですけど、今回は
介入前に菅直人がアホなフリ、
介入後も財務大臣がアホのフリしたでしょ?!

アレはよく考えた作戦なんだと思います。
(天然かも?)

偶然ですが私は介入の前夜、
「もし介入で85円台まで円安になれば普通はドルショートなんだが・・・」
などと寝ながらチラッと考えたんですが、
「何もしない政府」と皆に思われているからこそ、効果的だったんだと思いますね。

「民主党は平気で約束を反故にする政党」
「民主党は日本崩壊の総仕上げをやる政党」

露見しつつあるので、
このままだと次回の衆議院選挙では負けるのが分かっているはずです。
そこで、たまには真面目にやらないとマズイと考えたんだと思います。

あるいは経済界からの”献金”があったか。
産業界が悲鳴を上げるまで放置という意地悪をして、
「献金したら介入してやる」なんてのは菅なら考えそうですから。

小沢一郎が負けたのも、小沢が党首になったら「民主党はクズ」と民主党支持のアホな国民にまでバレるから落とされたんでしょう。
「マニュフェストを全て実行する財源はある」なら、
なぜガソリン暫定税率を維持したのか?
どんなバカでもそう思うでしょうからね〜。
(アレには石油業界も振り回されたはずですよね!?)

で介入ですけど、
85円の大台を再び割らないように粘っているし、
普通、介入第一弾の戻りは絶好のショートチャンスなんですが、
今回はよく見極めないと危険ですね。

これまでの円高進行は急すぎたので、しばらくは揉み合うでしょう。
たぶん、年内一杯は80円割れは無いでしょうね。
Posted by フーフー岡村 at 2010年09月17日 21:14
8月下旬、ドル円が10数年ぶりの安値を付け、そろそろ大底が近いと思って、200万円でドルのロング・ポジションを組みました。

投資リスクの高いFXではなく、単純な米ドルの現物買いです。

その後も少し値下がりしましたが、政府・日銀の為替介入で救われました。

ドル円が90円まで戻したら、利益確定したいです...
Posted by 神奈川犬 at 2010年09月20日 23:01
神奈川犬さん

85円はなかなか割れないだろうと私も読んでいたんですが、
あっさり割れたので急激すぎる気はしましたよね。
普通なら介入するレベルなので、神奈川犬さんのポジション取りは正解でしたね。

私は他に集中しているので、為替は”模様眺め”でしたけど。

90円までは買い上がらないと思いますが、
もしそこまで行けば利食いのチャンスですね。
Posted by フーフー岡村 at 2010年09月25日 00:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。