2010年12月29日

安いタイ古式マッサージ屋

ビザランもエアアジアも関係ないが、
”流れ”で行く事になった店を書いてみよう。

せっかくオーンヌットまで来たので、
この界隈で人気の「バーン・スコー」というタイ古式マッサージ屋へ。

バーンスコーはオンヌット駅周辺に9店舗あるチェーン店で、
安くて上手とタイ人に評判のタイマッサージ店だ。

baansukho1.JPG

店の看板はどの支店もタイ語オンリーなので、
タイ語が読めない人にはバーンスコーかどうか判別できないかもしれない。

baansukho.JPG

店の看板がタイ語表示だけだと、税金か何かが安いと聞いた事がある。
英語や日本語の看板だと税金が高いらしいのだ。

バーンスコーがタイ語のみなのは、少しでもコストを下げようという
セコい魂胆・・・じゃなく わーい(嬉しい顔) 必死のコストダウン努力の表れなのだ ぴかぴか(新しい)

ちなみにタイ語と外国語併記の場合でも、
タイ語を上に、外国語を下に配置する方が、
外国語が上、タイ語が下にあるより税金が安いらしい。

さて、100mほどの短いソイの中に
同じバーンスコーだけで3店舗くらいある密集具合。
他のマッサージ屋も含めると、短いソイの中に6店舗くらいある。

「果たして経営が成り立つのか?
バーンスコー同士で食い合いになるんじゃないの?」


と、ある支店のマネジャーに訊くと、

「背後に団地があってタイ人が多く住んでいるから儲かる」

と言っていたが、ホントだろうか?


さて、
マッサージ師の腕前については個人差があるので何とも言えないが、
タイ古式マッサージが1時間100バーツだから安い。

で、1時間を選ぶと、足の爪先からふくらはぎや太腿など
普通ならあまり凝らない部分までチンタラやる事はなく、
疲れている部分、凝っている部分を先にやってくれたりする。

で、コリをほぐすという点ではヘタクソではない。

だから待ち合わせの時間調整で1時間だけ、とか、
凝っている所だけサクッとやってほしい、なんて場合は重宝する。

ただ、1時間だけだと、
あまり喜ばないマッサージ嬢も居る。

俺は背中から腰の筋肉が張りやすいが(よく使うからかな わーい(嬉しい顔) )
この時は珍しく「肩が凝ってるね?!」と言われた。

確かに微妙に鈍痛がしていた。

マッサージをやってもらったら凝りは殆ど消え去ったし、
このマッサージ師は手抜きも無かったが、
正直、あまり上手とは言えなかった。

友人を担当したマッサージ師などは
携帯でしゃべりながら施術していたから、この日はちょっと嫌な感じだった。

だからバーンスコー各店では、丁寧で上手な人に当たったら、
次からその人を指名するのがいいと思う。

また、他のタイ古式マッサージ店には珍しい
ヌワット・チャップ・センがメニューにある。

頑固な凝りを取るマッサージといえば、
「ヌワットヂャップセン」だからね。

他に、定番の
・ハーバルボール
・ボディスクラブ


・脂肪を溶かすマッサージ(←タイ語でこう書いてある)
など、
メニューも豊富だ。

エアアジアもビザランも全く関係ない、
格安タイ古式マッサージ店の話で今年も終わり。




posted by フーフー岡村 at 01:00| Comment(0) | タイ古式マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

スクンビット・ソイ22の空き地の将来は

 
バンコク在住の友人との待ち合わせで、
久しぶりにスクンビットソイ22のハタサットマッサージに行った。

俺がよく行くタイ式マッサージ屋は3つあって、
目的・用途や気分に合わせてヘビー・ローテーションするが、
ハタサットは俺のリストに入ってないので滅多に行かない。

以前はよくタイ女と行ったものだが、
ハタサットのマッサージ師はオバチャンが多いし、建物も古いからだ。
(オバチャンでも美人ならいいんだけど・・・
 15年前のソイカウボーイ並みのレベルだからね〜)


楽宮旅社ほどには暗い気分にはならないけど、
なんとなくB級映画を見ているような気分にさせられる。

ブルース・リーの映画に例えれば、
「燃えよドラゴン」のような洗練された映画ではなく、
「ドラゴン危機一髪(一発?)」のような感じかな?


ま、それはともかく今回は、
「パーク・ソイ22の広い空き地がどうなるのか」
を訊いてみたかったというのもあって、ハタサットにした。


足マッサージの後、モーヌワットのオバチャンに訊くと、

「よく分からないのよ。地主のインド人が迷ってる最中でね」

「地主はインド人なの?」

「この辺りはインド人が持ってるのよ。ホテルになるって話もあるし
 BIGCやカーフーとかのスーパーにしようか?っていう話もある。
 このソイはホテルが多いから、スーパーの方がいいかもってね」

 
「で、このマッサージ店はいつまでやるの?」

「契約が3ヶ月毎の更新でね〜
 いつまで更新できるか分からないのよね。
 でも、なくなるのは確かだわね〜」



インド系タイ人ということだろうと思うが、
最近は奴らがアチコチの不動産に触手を伸ばしている。

スクンビット・ソイ24のKOTOやべックがあった場所も、
最近、ソイ22にできた新しいホテルもそうらしい。

ソイ29に2008年にできたホテルもそう。


インド人といえば、
バンコクでは背広の仕立て屋もドンドン増殖中だが、
それらのテーラーではインドからやって来たインド人も多く働いている。

で、インド系のテーラーには必ずと言っていいくらい、
同じ写真が飾られている。

”スティーヴン・セガール&タイ人らしきオッサン”
の2ショット写真で、
店の造りも名前も場所も全然違うのに、
なぜかこの写真がどの店のショーウィンドウにも飾られている。

steven.JPG

「ウチはスティーブン・セガールも来た信頼できる店だよ」
とアピールしたいのだろうが、
そういう店が何十軒もあり、しかも今尚増殖中だから、
元々は、店とセガールも無関係だと思われる。


それはさておき・・・


ニューハーフのショーで有名なマンボーキャバレーが
2009年3月だっけ?ラマ3に移転したし、
その周りの店もドンドン閉店・移転して寂しくなっている。

いずれハタサット周辺のバービアも消滅する運命だろう。

という事で、
デニーズコーナーも2〜3年で閉店するだろうな〜・・・

あの店には骨董品とも言える民芸品がいくつも飾ってあるが、
俺の魂胆は、店じまいの際に安く譲ってもらおうというものである。


posted by フーフー岡村 at 05:09| Comment(6) | タイ古式マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

祭マッサージへ行こうとしたら

 
その日、俺は昼メシ前に友人Mに会い、
「昼メシ食ったら、BTSトンロー駅前の
 マッサージ”祭”へ行ってくるよ!」

と宣言していた。


スクンビット通り沿いの看板や垂れ幕に、
「ぬるぬる」と書いてある店だ。

(注:看板には「お祭りマッサージ」とも書いてある)

matsuripay.JPG

以前、店内に入ってシステムを尋ねた事がある。

その時は肩は凝ってはいなかったが、後々のために
システムだけは聞いておこうと店に入ったのだった。


あれから2ヶ月・・・

やっぱり行っておきたい。
一度は試しておかねば俺の名がすたる。

ゴルフのせいで腰も痛いし、そろそろマッサージが必要だ わーい(嬉しい顔)


他に「ローション使用」と謳っている店に
ラチャダー・ソイ7の「コロンゼ2」があるが、
実際には、いつもローションが品切れと言われる。

コロンゼ2は日本から輸入するらしいが、
「もう面倒だから取り寄せてないみたいよ」
と、マッサージ嬢たちは皆、口を揃えて言っていた。


そんな事もあって最近のバンコクには、
ローション使いの達人がなかなか居ない。


<中略>


Mへの宣言の後、漫画喫茶で昼メシ食って、
もうすぐ夕方5時になろうかという頃。


そろそろ制限時間だけど・・・
まだちょっと早いかもな〜・・・



などと逡巡していると、
見透かしたように他のマッサージ嬢から電話が!

つづく・・・


ラベル:スクンビット
posted by フーフー岡村 at 01:00| Comment(0) | タイ古式マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。