2010年11月06日

バンコクでスチュワーデスと合コン

バンコクの有名タイスキ店コカで、
CA (キャビンアテンダント)即ち、スチュワーデスと合コンした。

バンコクで航空会社のCAと合コンといえば
どこの航空会社か想像できると思うが (*`艸´)ウシシシ
(ローコストキャリアではなく、フラッグシップキャリアの方ね)

tg1.JPG
コレは飽くまでもイメージです!こんな美人揃いではありません。

なお、
英語のテレビ番組を観ていると「フライトアテンダント」とテロップが流れるし、
実際に飛行機に乗ると「キャビンクルー」と機内放送が聞こえるから、
「キャビンアテンダント」という呼び方はヘンな和製英語かもしれない。

ところで、日本でCAと言えば”選ばれた女性”みたいに思われているが、
俺も昔は某日系航空会社のCAとよくコンパしたので
同じ人間、普通の女だという認識を持っている。

ただ単に、「理想が高い人達」というだけだ (^∀^)

人間には生存のための3大欲があるが、
子孫を残すための”欲”というか”本能”は、CAでも当然に持っている。

嫌な客の前でもニコニコしていなければならず、
時にはケツ触られたりして、ストレスが猛烈に溜まるので、
自我が崩壊した時には凄い荒れっぷりを披露するCAも居る。

今回の合コンでも、
女性らしい気遣いをする女性が多いので、
職業柄なのか?大変だな〜と思ってしまった。

ただ、優しい気遣いの裏に
高いプライドが見え隠れするのを感じる。

「年収はいくら?」なんて質問は流石にできないが、
エリートに属するんではないかと思う。

で、俺の仕事は何なのか訊かれたが、
「え〜っと・・・沈没組です バッド(下向き矢印)
とは言えないので、
「IBM・・・インターナショナル・ビジネス・マン」という事でなんとか切り抜けた。

(それでもたぶん、胡散臭い奴だと思われていると思う・・・。
 因みにあのIBMは、インターナショナル・ビジネス・マシーンの略)

感触的には、モノになりそうな物件はなかったので
(可能性のありそうな物件は”キレー”だった)
合コンとしては不発に終わりそうだ。

が、つい先日もコンビニ店員21歳から
「デートに誘ってよ!」
と言われたし、
ちょっかい居酒屋のオネエチャンからは
「いつ遊びに連れてってくれるのよ?!」
半ギレのフリされたし、
そろそろプチ大殺界も終わったようだ わーい(嬉しい顔)

それにしても・・・
なんで俺のようなハゲオヤジをデートに誘うのかな?

居酒屋のオネエチャンは”新しい営業スタイル”というだけだろうが、
コンビニ店員の方は意図不明だ・・・

ときめきメモリアルのように、
デートに誘わず長期間放置して悪い噂が流れる前に、
一度ジュライホテル跡地前の屋台にでも連れて行こうかな〜




ラベル:タイスキ コカ
posted by フーフー岡村 at 01:00| Comment(3) | 空港・飛行機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

バンコク発券の航空券に対する赤字の航空会社の嫌がらせ開始か?

先日、日本に一時帰国してきた。

で、用事を済ませ、
タイに戻ろうとした空港での事。

Eチケット番号を見せてチェックインしようとしたら、
チェックインカウンターのオネエチャンがこう訊いてきた、


「お住まいはタイですか?」

「はい」

チェックインカウンターのおねえちゃんが、
パスポートをパラパラとめくりだす

「タイのビザはお持ちですか?
 あ、これですか?・・・ん?」


と、使用済みのタイ観光ビザを指差すが、
すぐに使用済みだと気付いたようで、またパラパラとめくる。


「ビザはお持ちですか?」

「あ、その観光ビザは使い切ってます」

「そのようですね」

「ビザがなきゃ、飛行機に乗せてくれないんですか?」

「いえ、そういうワケではないですが・・・
 一応、念の為に調べさせていただいてます」



調べてみて、俺が不審人物リストに載ってれば
搭乗拒否するつもりだったのかもしれないが、乗れた。


不景気で飛行機に乗る旅客が減っているせいで、
航空会社はどこも赤字である。

出張族がビジネスクラスに乗らなくなったのが最大の原因だが、
その時に思ったのは、

(バンコク発券の往復チケットで日本からタイに帰る
 日本人への嫌がらせが、また始まるのかな〜・・・)


という事だ。


気のせいかもしれないが、
「ビザはお持ちですか?」
という女の声がやや居丈高だったようにも感じた。


もし
「ビザ無しなら乗せない」と言われたら、
俺が公式サイトに書いた通り、他の航空会社の窓口へ行き、
バンコク発シェムリアップ行きとかペナン行きのチケットを買い、
それを提示すれば、チェックインさせない理由はなくなる。

で、バンコク到着後、速攻で返品すれば良いのだ。
(正規運賃の航空券だから”REFUND”できるのだ)


何も知らない海外旅行初心者ならともかく、
俺のような偉大な沈没組には嫌がらせは通じない。

善良な旅行者に嫌がらせをしたら、
業界全体でその報いを受ける事を教えてやらねばならない。

しかし、それも
「突発的な事件に対応できる知識と余裕」
を持っているのが大前提だね。


普通の旅行者なら
現金かトラベラーズチェックを持っているだろうから、
空港で正規運賃の航空券を買う事もできるだろう。

が、タイに銀行口座を持ち、口座内にタイバーツを預けているからって、
日本出国時には現金もT/Cもクレジットカードも持ってないって人は
身動きが取れずにアタフタしてしまうだろう。

そういう時のためにも、
クレジットカードは絶対に必要なのである。

・借金は大嫌い
・T/Cも小切手の一部だから恐い
・クレジットカードなんてとんでもない


日本人にはこういう人が多いが、
海外で生活するにはクレジットカードは必須アイテムだよ!


ラベル:バンコク ビザ
posted by フーフー岡村 at 17:59| Comment(8) | 空港・飛行機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

国際線パイロットになってバンコクに来るという手もあるけど

 
-バンコク駐在員日記の続きです-


この友人から聞いて昔から知っていた事だが、
飛行機パイロットは、離陸(搭乗?)の12時間前から
アルコール類を飲んではいけない事になっている。

昔は検査がなかった(緩かった)らしいが、
ある事件以来、検査が徹底されるようになったそうだ。

それは・・・

日系某社の成田ーホーチミン線の話だが、
パイロットが前夜しこたま飲んだ為にアルコールが検出され、
そのせいで呼気中のアルコール度数が下がるまで、6時間もフライトが遅れたという。

この時はこの某社社長が乗客の家庭に一軒一軒訪問し、
お詫びを述べると共に10万円包んで渡して回ったという話だ。


それから、裏話ではないけど、こんな事もあったな〜・・・

7〜8年前、俺の弟がエアインディアでインドから成田に帰る途中。

ストップオーバーでバンコクに1泊し、
翌日ドンムアン空港にチェックインしに行くと、

「DELAY。メドも立っていません。」

と言われ、理由の説明もなかった。

結局、その日のエアインディアは飛ばず。

AIの負担で、空港向かいのアマリエアポートホテルに泊。
しかし、翌日も飛ばず。
更に、その翌日も飛ばず。

頭に来た弟は、
NH(ANA)のチェックインカウンターに行き、
経緯を説明して「乗せてくれ」と頼むと、

「いいですよ。料金は結構です。AIに請求しますから」

と、アッサリ乗れたそうだ。


この時のDELAYやキャンセルの原因は、
まさか飲酒のせいではないと思うけどね〜・・・


しかし、世界中で1〜2時間の遅れはよくある事だけど、
その多くはアルコールの検出じゃないかと俺は思っている。

この友人の日系航空会社では流石にないらしいが、
TG、AIやPRなんかだと頻繁にありそうだね。

いや、TGだとアルコールが検出されても、
「マイペンライ 右斜め上で飛ばしたりして・・・

それどころか、飲酒検査さえなかったりしてね いい気分(温泉)


ちなみに、昔の日系キャリアの国際線では、
頼めばキャビン(操縦席)に入れてもらえたもので、
俺はよく入って御土産をもらって帰っていた。

だいたい、絵葉書より少し大き目の”操縦席の写真”カードに
パイロットがその場でサインしてくれた物を貰えたものである。
(英語ではオートグラフと呼ぶのかな?)

しかし、保安上の理由で、現在は如何なる場合でも
操縦席への入室は拒否されるようになった。


で、この夜、
ついでに質問してみたのだが、映画「ダイハード2」で
高度を錯覚させて離陸を失敗させたくだりがあるが、

「あ〜ゆ〜事って、あり得るのか」

と訊くと、

「滑走路から飛行機に向けて電波が出ているので、
 電波をキャッチしている限り、着陸に失敗する事はない」


という答えだった。


で、

「停電か何かで電波が出てなければ?」

と、しつこく訊くと

「(事故も)あり得るよね〜 黒ハート

「滑走路に激突しても、爆発炎上なんてしないでしょ?」

「いや・・・大爆発するんじゃね? わーい(嬉しい顔)

という返事だった・・・


尚、この夜、
友人には12時間前には飲酒を止めさせたので、
翌日のフライトも無事こなせ、
夕方には成田に着いたという連絡があった。

しかし・・・
酒も飲めないなんて、パイロットは辛いね〜・・・

沈没組で良かったよ〜 晴れ


ラベル:バンコク
posted by フーフー岡村 at 01:00| Comment(4) | 空港・飛行機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。